line

接遇研修は東京・大阪・神戸の施設で患者様中心の医療を提唱する【Cantik】へ~医療の現場に「接遇」は必要か~

接遇研修を東京・大阪・神戸の施設で行うなら【Cantik】へ

接遇研修を東京・大阪・神戸の施設で行うなら【Cantik】へ

接遇研修をお考えでしたら、東京・大阪・神戸エリアの施設で講習を行う【Cantik】へご依頼下さい。

ビジネスマナーを知らない若い方が増えている現代では、病院のスタッフに対するマナーも問題視されています。日々の業務に追われて患者様への対応が雑になってしまわないように、医療へおもてなしを導入しましょう。【Cantik】の接遇研修では、言葉遣いや挨拶などの基礎からお教え致します。新人への研修に是非ご活用下さい。

接遇研修で患者様中心の医療を指導する【Cantik】

接遇研修を行う【Cantik】は、食空間コーディネーターやハーブティ・アドバイザーの資格を持っている看護師が講師です。特別室・ホスピス病棟勤務経験や健康管理業務、アメリカの病院ボランティア経験を基に患者様中心の医療をご提案しています。ただ病気やケガを治すのではなく、時代の変化に合わせた患者様に寄り添った対応を推進していますので、スタッフに対して患者様中心の医療を唱えたいとお考えの病院・介護施設は是非ご相談下さい。

医療の現場に「おもてなし(接遇)」は必要か

医療の現場に「おもてなし(接遇)」は必要か

「おもてなし」と聞くと、どうしてもホテルや旅館、レストランなどのサービス業が浮かびます。病院は、医療行為を提供する場所であることから、病院でおもてなしすることに対して違和感を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、病気やケガの治療には精神面も大きく影響する為、病院は本来の身体的な治療に加えて、患者様の心に寄り添う精神的な治療にも気を配らなければいけません。スムーズに治療が行えるように患者様の不安や心配を取り除き癒すことが大切です。

例えば、患者様の不安に気付いたら笑顔で安心させる、患者様が気持ちよく過ごせるようにお花や絵画を飾るなども、おもてなしの1つです。その“患者様を思いやる心”からおもてなしが始まっています。病院の数が増えて治療を受ける場所を自由に選択出来る時代だからこそ、患者様に選んでもらう為のおもてなしが必要と言えるでしょう。

お役立ちコラム

接遇研修を依頼するなら【Cantik】へ

名称 Cantik
URL http://table-cantik.com/
line